前へ
次へ

メニュー

処方箋なしで利用できるコンタクト通販店の勧め

街のコンタクト屋さんでコンタクトレンズを買う場合、処方箋が必要になります。眼科で処方箋を発行してもらったり、コンタクト屋さんに眼科が併設されているところもあります。

眼科で処方箋を出してもらい、そのまま眼科でコンタクトレンズを購入するところもありますが、値段は少し高めになるようです。 処方箋を発行してもらうにはお金がかかりますし、眼科やコンタクト屋さんに行く時間がなかなかとれないという人もいるでしょう。

そんな時は、処方箋なしでコンタクトレンズが購入できるネット通販が便利です。 処方箋不要でコンタクトレンズが購入できるネット通販店をインターネットで検索すると、沢山のお店が出てくると思います。

値段や届くまでの日数もそれぞれなので、自分の希望に合ったお店を選ぶと良いでしょう。 なるべく早くコンタクトレンズを手に入れたいという人は、やはり国内の販売店が良いと思います。

海外に店舗がある販売店は、コンタクトレンズが届くまでにどうしても日数がかかってしまいます。 また、コンタクトレンズも国産品と並行輸入品がありますから、自分はどちらが良いかをきちんと考えた上で選ぶと良いでしょう。

処方箋不要のコンタクト通販海外店

コンタクトを処方箋なしに買う方法として、海外の通販店を利用する方法があります。老舗ではレンズモードなどが有名かと思います。こういったお店は、日本の暗黙のルールが適用されずに済むので、従ってあなたがコンタクトレンズを購入する際に、処方箋の提出を求められることは通常ありません。

処方箋の入手はそれなりの費用が掛かりますし、それに手間・時間がその分掛かってしまうというデメリットがあります。処方箋なしでコンタクトが買える、このような海外の通販店ですと、そういったことを強いられることなく商品を購入することが出来ますので、利用者としてはメリットがあるわけです。

瞳の病気や怪我については、個人として責任を持つ必要がありますので、そのあたりはしっかりとした認識は必要です。そうした考えのもとに海外の通販店を利用することは、消費者の選択肢として絶対にあるべきだと思いますよね。

 

処方箋不要のコンタクト通販国内店

処方箋なしにコンタクトを購入できるのは海外通販ばかしではありません。以前は国内拠点を置くコンタクト店、それがたとえ通販店であっても、処方箋なしコンタクトを販売することをメーカーサイドから許されているショップは見かけませんでした。

しかし最近は状況は変わってきました。相変わらず処方箋提出を求めるショップもありますが、海外通販同様に処方箋なしでコンタクトレンズを購入できる、国内の通販ショップもそれなりに増えてきました。

国内通販ですが、取り扱っているレンズも日本国内正規品になりますので、保証が付くことになります。この点は購入の際の安心材料になりますよね。それと、お店が国内ということは、商品の出荷も日本国内からになります。そうしますと、商品の到着がずっとはやくなる。これは利用者としては大きなメリットです。いままでは海外から商品の到着を首を長くして待っていなければなりませんでしたが、国内通販店を使えばそのようなことももうありません。


コンタクト処方箋なしの国内通販店のご紹介

 

コンタクトをネット通販で処方箋なしで購入することについて

現在はほとんどのネット通販店で、処方箋なしでコンタクトを購入することが出来ます。しかし、コンタクトを購入する際に「処方箋はいらないの?」と心配なさる方がいます。これはメガネを作る際に処方箋はいらないの?という事と同義と言えると思います。

もともと眼科医の団体が、「度数を計るという行為が医療だ」と主張していること、とくにコンタクトレンズについては目に入れるものであるため、「医療行為に当たるのではないか」「コンタクトレンズは眼科医の専売にするべきではないか」と主張していることがこの発端となっているところがあります。

しかしながら、現在国では検眼行為については無資格で行って良いものとされていて、実際メガネ店の販売員は特に資格などは無く検眼を行っています。ですから、度数を特定すること自体なんら違法行為には当たらないのです。

ただ、もちろんご自身の度数がどのくらいなのかは把握したうえで購入する必要がありますから、一度はどこかで計っていただく必要がありますね。コンタクトショップでも良いでしょうし、メガネ店でも良いと思います。そこならば検眼自体は無料ですから。眼科で計ってもらうとすると医療費が発生します。

一度検眼してもらって購入すれば、購入したコンタクトレンズの箱に度数が表示されているハズです。「ー2.00」とか「ー1.50」などです。-は近視を表し、+は遠視を表します。Rは右。Lは左。これであなたの度数はわかったはずです。あとはそれと同じ数値のものをネットで購入すれば良いのです。眼科に通う時間や費用を大きく節約できますよ。その度数で見えなくなってくれば、その時は度数が進んだということですから、そういうときだけまたショップに足を運べばよいと思います。

 

Page Top